岡山のホテル・宿泊総合レジャー施設/プール・スポーツ・日帰り入浴・会議室・宴会場・会議・研修・セミナー・結婚式・宴会・会食・パーティー

 

宴会場
ご予約・空室のご確認・ご予約の確認
■チェックイン
■宿泊日数
■客室タイプ

スタッフブログ

スポーツ施設

温泉

パンフレット

イベントカレンダー

ツイッター


ブログ

しばらくお待ちください。

モバイルサイト
  ↑バーコードを読み込むだけ(*^^)v

  1. トップページ
  2. リンクページ

関連リンク

サントピア岡山総社の近隣にある観光地・企業のリンクを掲載させていただいております。
※敬称略

体験・産直

野菜に果物、鉢植えなど産直の充実した施設にドッグランもあります。
いちご狩りや産直がおすすめ!農マル園芸

涙でねずみの絵を描いた逸話で有名な雪舟さんが幼少時に修行した井山宝福寺
座禅体験ができ、また隣接する「金亀」では精進料理をお召し上がりいただけます
臨済宗東福寺派 井山宝福寺

観光柿園は砂川公園内にあり、約6700平方メートルの園内には、約80本の富有柿の木があります。柿の食べ放題でお土産つきです。
家族、グループ、仲間で楽しく柿狩りを楽しんでください。
観光柿園
季節に合わせてマスカット狩り・ピオーネ狩り・栗拾い・いも掘り・柿狩り・しいたけ狩りが体験できるおすすめスポット♪
くぼ観光農園

観光地

ジャンル別にまとめられており見やすいサイトです。ジャンルは【観る・散策する・食べる・体験する・泊まる】に分けられています。
総社市観光ページ

雪舟さんが幼少時に修行した井山宝福寺。涙でネズミの絵を描いた様子を形にした石像があります。
また座禅体験もでき県外からも足を運ばれる方が多いスポットです。※要予約
臨済宗東福寺派 井山宝福寺

総社市市南部のアカマツにつつまれた丘陵地のほぼ中心部に位置する備中国分寺は、聖武天皇の発願によって創建された国分寺の一つです。
境内にそびえる五重塔は、県内唯一のもので吉備路の代表的な景観となっています。
備中国分寺

総社の地名の由来となったといわれる社。総社は国中の神社を巡拝する慣わしの不便を省くため、備中の総は324社の神を合祀したものです。
総社宮

吉備津神社は日本建築の傑作と言われる「吉備津造り(比翼入母屋造)」の社殿があります。
また桃太郎伝説のモデルになったと言われる温羅(うら)伝説。この伝説にでてくる鳴釜の神事が行われている場所でもあります。
吉備津神社

鬼ノ城<岡山県古代吉備文化財センター>

鬼ノ城は、古代の正規の歴史書には登場しないが、後世の文献である鬼ノ城縁起などにでてくる。
それによると「異国の鬼神が吉備国にやって来た。彼は百済の王子で名を温羅(うら)という。
彼はやがて備中国の新山(にいやま)に居城を構え悪さを働いていた。
人々は恐れおののいて「鬼ノ城」と呼び、都へ行ってその暴状を訴えた・・・」
これが、一般に温羅伝承と呼ばれる説話で、地名もこれに由来している。
岡山県総社市にある神秘の古代山城、鬼ノ城周辺のウォーキング・トレッキング案内サイトです。
鬼ノ城ウォーキング

吉備路自転車道

そうじゃ水辺の楽校

安産祈願や母乳の出を願う全国の女性から絵馬が奉納されている軽部神社は、昔から地元岡山では知られていたものの、県外での認知度は低かった。そんな中、まちおこしの一環としてテレビで取り上げられたことをきっかけに県外からも訪れる方が増え、胸の形をした絵馬が特徴的な神社です。

まちかど郷土館

秋の紅葉狩りにおすすめ!名勝豪渓

最上稲荷山 妙教寺

招き猫美術館

スポーツ施設

公認陸上競技場であり、その他にも砂入り人工芝のテニスコート6面、子供たちが遊べる広場もあります
総社北公園

卓球・バドミントン・バレーボール・バスケットボール・ハンドボールにテニスボールなどなど幅広いスポーツを楽しむことができる充実の施設です。
吉備路アリーナ

総社市スポーツセンター

野球、サッカー、ゲートボールの楽しめる多目的グランド、テニスコートが2面ある施設です。
山手スポーツ広場

剣道、柔道、空手道、合気道、居合道、弓道が練習できる施設があります。
総社市武道館

河川敷にあるサッカーグラウンドです。
高梁川河川敷グラウンド

企業・団体

岡山県総社市一帯を中心にまちづくり活動を行っています。吉備野の魅力を日々情報発信しています。
NPO法人 吉備野工房ちみち

その他

総社に伝わる伝説を動画でご紹介 ※Youtubeのサイトが開かれます
総社伝説絵巻01 黒姫伝説

桃太郎伝説のもとになったと言われる温羅(うら)伝説を動画でご紹介致します。※Youtubeのサイトが開かれます
総社伝説絵巻02 温羅伝説全編

総社伝説絵巻03 温羅伝説全編

吉備路は桃太郎伝説発祥の地であり、それにまつわる地名や旧跡が数多く残っています。
その伝説のもとになったと言われる「吉備津彦と温羅」の物語をぜひご覧下さい
吉備津観光ガイドブック『おかやま桃太郎ものがたり“吉備津彦と温羅』